近年、インプラントの治療件数が

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはありがたみを実感する点です。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。