インプラントとブリッジで迷う

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
伊丹市 インプラント