歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。
この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。