ごく普通の歯科医院で、外来診

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても歯科医院ごとに相当な開きがあります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。